ミュンヘン再保険、NZIAの加盟を中止

3月31日、ミュンヘン再保険は、Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)への加盟を中止した。同社CEOであるヨアヒム・ウェニング氏は、重大な独占禁止法上のリスクにさらされることなく、世界中の保険会社の集団的アプローチで脱炭素目標を追求する機会は非常に限られており、個別に地球温暖化抑制のための気候目標を追求する方が効果的であるとの考えを示した。

ミュンヘン再保険は、野心的な気候変動目標を堅持している。投資ポートフォリオに関連するGHG排出量を2025年末までに29%削減し、その後、2050年までに順次ネット・ゼロにする予定である。

石油および天然ガスの探査・生産(元受保険、直接再保険、ファカルティヴ再保険)については、同社は、2050年までに関連する温室効果ガス(GHG)排出量がゼロとなるように、気候関連産業のエクスポージャーを削減する予定である。第一段階として、2025年までに排出量を5%削減することを目指す。2023年4月現在、ミュンヘン再保険は、新しい油田やガス田、新しい中流石油インフラを含むプロジェクトには保険をかけていない。同時に、ミュンヘン再保険は、ダイレクト保険事業およびファカルティ保険事業における熱石炭関連のエクスポージャーを2025年までにグループ全体で35%削減し、2040年までにこのエクスポージャーを完全に排除する予定である。2018年以降、新規の石炭火力発電所、炭鉱、2019年以降はオイルサンド鉱山の保険を停止している。

自社事業からの排出について、同社は2015年からカーボンニュートラルを実現し、過去には2009年から2019年にかけて従業員1人当たりのCO2排出量を44%削減した。現在のGHG排出量は、2025年までに従業員1人当たりさらに12%削減される予定である。2030年までに、ミュンヘン再保険は、事業におけるGHG排出量のネット・ゼロに期待している。

【参照ページ】
(原文)Munich Re discontinues NZIA membership
(日本語訳)ミュンヘン再保険、NZIAの加盟を中止

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る