ドイツ政府、生物多様性世界フレームワークに約42億円を拠出

12月18日、国連生物多様性会議の参加者は、世界の陸と海の少なくとも30%を保護するという誓約を含む、2030年に向けた新たな世界目標、「昆明-モントリオール生物多様性世界フレームワーク」を採択した。コロンビア政府が主導し、ドイツ政府が発足を支援した。

同会議は、12月7日からカナダのモントリオールで開催されている。昆明は、2年前に会議が開催される予定だった中国の都市である。

23項目からなる本フレームワークでは、侵略的外来種の発生率を少なくとも50%削減することを求めている。また、遺伝情報の商業的利用による利益の公正な配分を確保するよう求めている。

富裕国と発展途上国の間で意見が分かれていた資金調達の問題については、官民で年間2000億ドル(約26.5兆円)以上の資金を保全活動に提供することを目標に掲げている。環境問題に取り組む途上国を支援する国際機関では、来年、生物多様性保全に特化した新たな基金を創設する。一方、企業には生物多様性への影響を監視し、データを開示する義務がなくなる。

2010年、国連は20項目からなる「生物多様性愛知目標」を採択した。しかし、そのどれもが2020年までに完全には達成されなかった。新目標は拘束力がないため、参加締約国の目標達成へのコミットメントが問われることになる。

今回の発表を受け、ドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全・消費者保護省とドイツ連邦経済協力開発省とは、同パートナーシップに総額2,900万ユーロ(約42億円)の拠出を発表した。支援プログラムを早速開始すると表明した。

【参照ページ】
(原文)Germany and Colombia launch implementation initiative

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る