COP15で新たに5つの小売業協会が「Race to Zero」の加盟を約束

COP15で新たに5つの小売業協会が「Race to Zero」の加盟を約束

12月19日、第 15 回国連生物多様性会議(COP15)の閉会日に、新たに5つの小売・ビジネス団体が「Race to Zero」 へ加盟することを発表した。

ABComm(ブラジル)、ACCI(ギリシャ)、amfori(グローバル)、CBL(オランダ)、SOCR ČR(チェコ共和国)は、英国小売連合(BRC)、オーストラリア小売業協会(ARA)、ユーロコマース、さらに7つの国内協会に加わり、合計15団体が小売セクター全体で気候変動対策を推進するために動員されることになった。

小売キャンペーンは、国連気候変動ハイレベル・チャンピオンの支援を受け、ベストバイ、H&Mグループ、イングカグループ(イケア)、キングフィッシャー、ウォルマートが設立し、WBCSDが主催している。

本キャンペーンの目的は、各国および地域の小売協会が、2030年までに小売業界でネット・ゼロを実現するために、「Race to Zero Retail Centre of Excellence」を通じて会員の脱炭素化への能力構築を支援することである。

【参照ページ】
Five new retail associations pledge to accelerate the Race to Zero at COP15 

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る