Cameron Hume、First Superから約500億円規模のESG投資マンデートを獲得

Cameron Hume ESG

債券投資マネージャーのCameron Humeは、オーストラリアの年金基金であるFirst Superから、ESGに焦点を当てた約100億円の債券マンデートを受注したことを発表した。年金基金が責任投資方針を実施することにより、マンデートは500億円規模に拡大する可能性がある。

2011年に設立されたエジンバーグに拠点を置くCameron Humeは、独立系の会社で、年金基金や保険会社に債券投資運用サービスを提供することを専門としている。同社の「グローバル債券ESGファンド」は、ソブリン、コーポレー ト、アセットバック証券への投資で構成されている。

【参照ページ】

(原文)First Super awards $500m fixed-income ESG role to Scots manager

(日本語訳)Cameron Hume、First Superから約500億円規模のESG投資マンデートを獲得

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る