ShellとLufthansa、過去最大規模のSAF取引契約を発表

8月1日、ShellとLufthansa航空は、180万トンの持続可能な航空燃料(SAF)の供給契約を締結する計画を発表した。本契約は商業的なSAF取引として過去最大級であり、両社にとっても過去最大となる。

本契約により、ShellはLufthansaに対し、世界各地の空港で5億9400万ガロンのSAFを供給する予定である。両社によると、本契約はShellの「2030年までに航空燃料販売量の少なくとも10%をSAFで賄う」という目標と、Lufthansaの「CO2ニュートラルな未来の航空にとって不可欠な要素であるSAFの利用、市場拡大、利用の促進を目指す」という目標の双方に貢献することになる。

航空業界は、温室効果ガス排出削減の重要な原因として、注目されており、世界全体の排出量の2~3%を占めている。また対策を講じなければ、今後数十年間で劇的に上昇するとも言われている。SAFは、従来のジェット燃料に比べ、ライフサイクルでの炭素排出量が最大80%少ないことから、市場関係者は、航空機産業が気候変動への影響に対処するための重要な手段のひとつと見なしている。

潜在的な供給契約の下でのSAFは、最大4つの異なる承認された技術経路と、幅広い持続可能な原料によって生産される可能性がある。現在のSAFのほとんどは使用済み食用油などの生物起源残渣から製造されているが、Shellは水素やCO2回収などの原料からSAFを製造する方法を見つけるための研究開発が進行中であることを指摘している。

【参照ページ】
(原文)Shell and Lufthansa Group sign non-binding Memorandum of Understanding for sustainable aviation fuel (SAF) supply
(日本語訳)Shell・Lufthansa、過去最大規模の持続可能な航空機用燃料の契約を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る