bp、英国のEV用バッテリー研究開発センターに最大80億円を投資

8月1日、エネルギー大手bpは、英国に新設するEV用バッテリー試験センターと分析ラボに最大5000万ポンド(約80億円)を投資する計画であることを発表した。本センターは、ハイブリッドおよびフルバッテリーEVのための流体技術およびエンジニアリングの開発をサポートする予定である。

2024年末に開設予定の新センターは、バークシャーにあるbpの潤滑油ブランド「カストロール」のグローバル本社に設置され、現在そこに置かれている技術、エンジニアリング、科学の職務をサポートする予定である。同拠点ではすでに、燃料、潤滑油、EVの液剤の研究開発が行われている。

カストロールは新センターを利用して、自動車メーカーやサプライヤーと共同で、将来のバッテリー技術やそれに関連する熱管理用液剤の共同開発を続けていく予定だ。同社の高度なEV用作動油「カストロール オン」は、バッテリー内の温度を管理することで急速充電を可能にし、効率を向上させ、1回の充電でより多くの電力を供給できるようにする。

また、bpのEV充電事業であるbp pulseの戦略を支える超高速充電を可能にするために必要な将来的な技術の創出も視野に入れている。

bpは今年初め、英国におけるEV充電インフラとネットワーク構築のために10億ポンド(約1,600億円)を投資する計画を発表しており、これにより主要拠点における急速・超高速充電器の設置、フリート向け製品・サービスの拡大、家庭用充電デジタル製品・サービスの新規立ち上げが可能になる。

【参照ページ】
(原文)bp to invest up to £50 million in new global battery research and development centre in Britain
(日本語訳)BP、英国のEV用バッテリー研究開発センターに最大6,000万ドルを投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る