BlackRock、ニュージーランドのsolarZeroを買収

9月14日、BlackRockは、ニュージーランドの太陽光発電とスマートバッテリーの技術プラットフォームであるsolarZeroを買収したことを発表した。また、今後数年間で1億ニュージーランドドル(約85億円)以上の資金を投入し、住宅、商業施設、コミュニティビルにおけるsolarZeroの成長を加速させると発表している。

2008年に設立されたsolarZeroは、ニュージーランド国民が低価格のエネルギーを利用できるようにすることを目的とした「Solar as a Service」プロバイダーで、設置費用はかからず、ソーラーサービス料は毎月一定額だ。solarZeroは、太陽光発電とスマートバッテリーのネットワークを監視、管理、接続し、集中型電力網を通じて必要なときに必要な場所で電力供給を行うバーチャルパワープラント(VPP)システムにより、現在までに、国内のどの企業よりも多い8,500件の太陽光発電システムを家庭や企業に導入している。

本買収は、BlackRockにとってニュージーランドにおける初の投資であり、BlackRockの気候変動インフラ事業がアジア太平洋地域で行った初の住宅用太陽光発電・蓄電池への投資となる。SolarZeroは、2021年の世界の屋根上太陽光発電容量の41%をこの地域が占めており、将来的にはオーストラリアをはじめ、日本、韓国、台湾、シンガポールなど、アジア太平洋地域のさまざまな市場に進出することを目指しているという。

BlackRockは、6月にエネルギー転換とエネルギー安全保障というメガトレンドのテーマで長期的な投資機会を追求するための新しい「永久インフラ戦略」を立ち上げるなど、最近積極的に気候変動インフラ機能の拡充を図っている。また、BlackRockの気候変動インフラ事業は、最近、オーストラリアの蓄電池システムおよび再生可能エネルギー開発企業であるAkaysha Energyの買収により、アジア太平洋地域初の蓄電池への投資を発表した。

【参照ページ】
(原文)solarZero Announces Acquisition by BlackRock Real Assets
(日本語訳)BlackRock、ニュージーランドのsolarZeroを買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る