デロイト、Workivaプラットフォーム上でESGデータおよびレポーティングソリューションを提供開始

5月11日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるデロイトは、企業の財務、会計、経理、コンプライアンスチームによるESGデータの収集、管理、報告を支援するソリューションなど、Workivaプラットフォームで使用する一連のESGアクセラレータの提供開始を発表した。

新たなソリューションには、進化するESG報告に関する規制や要件を満たすために、様々な業界やグローバルな報告フレームワークにおいてより合理的な開示を可能にするESG開示管理ツール、企業が廃棄物、水、エネルギー、排出量などの主要環境指標の計算のためにデータを収集・処理するのに役立つESGマスターデータ変換表が含まれている。

デロイトは先月、サステナビリティ&クライメートプラクティスに10億ドル(約1,290億円)を投資する計画を発表しており、クライアントをサポートし、増大するサステナビリティ関連のニーズに対応するための能力、資産、サービスの拡充に注力している。

【関連記事】 
デロイト、サステナビリティ・気候変動サービスへの約1,200億円の投資を発表

【参照ページ】
(原文)Deloitte Launches New ESG Accelerators for Workiva Platform Users Working To Establish or Enhance Accounting, Financial and Regulatory Reporting
(日本語訳)デロイト、会計・財務・規制報告の確立・強化に取り組むWorkivaプラットフォームユーザー向けに、新たなESGアクセラレータを提供開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る