デロイト、サステナビリティ・気候変動サービスへの約1,200億円の投資を発表

デロイト、サステナビリティ&クライメートプラクティスに約1,200億円を投資

4月13日、デロイトは、クライアントのサステナビリティ関連のニーズの高まりに対応するために、サステナビリティ&クライメート事業への約1,200億円の投資を発表した。

今回の投資により、デロイトはクライアントの戦略の再設定、サステナビリティ事業への組み込み、税務・開示・規制要件への対応、組織やバリューチェーン変革の加速を支援する。アドバイザリーなどの各サービスにまたがり、サステナビリティに関する世界最大級のネットワーク構築を目指す。

デロイトのイニシアティブは、同社のクライアント関連サービス、データ駆動型リサーチ、資産・能力への投資を対象とする。また、昨年発表した、34万5,000人の全専門家およびクライアントやサプライヤーに気候に関するトレーニングを提供する戦略も含む。

本投資と同時に、持続可能な発展のためのデロイト・センター(DCSP)の立ち上げも発表した。本センターは、学術・政策・ビジネス・政府の主要組織と協力し、サステナビリティに焦点を当てた思想的リーダーシップ、データに基づく分析、説明責任に伴う報告を行う。

デロイトはまた、ジェニファー・スタインマンを新たに創設されたグローバル・サステナビリティ&クライメート・リーダー(Global Sustainability & Climate Leader)に任命したと発表した。スタインマンは、デロイトに25年以上勤務し、セールスフォースのチーフコマーシャルオフィサー、デロイト米国法人のチーフタレントオフィサー、副CEOなどの上級職を歴任。また、デロイト米国法人の戦略、イノベーション、テクノロジーを統括するチーフ・トランスフォーメーション・オフィサーも務めている。

【参照ページ】
(原文)Deloitte announces $1 billion investment in global Sustainability & Climate practice
(日本語訳)デロイト、世界の持続可能性と気候変動への取り組みに10億ドルの投資を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る