AlphabetやMetaなど大手ハイテク企業、マッキンゼーと協力し、炭素除去イニシアティブを開始

Stripe、Alphabet、McKinsey、Shopify、Metaが、炭素除去市場の拡大に向けた9億2,500万ドルのイニシアティブを開始

4月13日、大手ハイテク企業のStripe、Alphabet、Shopify、Metaと世界的な経営コンサルティング会社のMcKinseyは、炭素除去ソリューションと技術開発の加速を目的とした新しい先進市場コミットメントイニシアチブ、フロンティアの立ち上げを発表。パートナーは、本イニシアチブを開始するために9億2,500万ドル(約1,160億円)の拠出を発表した。

本イニシアティブは、研究者、起業家、投資家を支援し、大規模な炭素除去ソリューションの開発を可能にする。フロンティアのパートナーは、2030年までに9億2500万ドル(約1,160億円)の永久炭素除去の購入を約束し、炭素除去の最新技術の規模拡大を支援する。フロンティアは、各社の年間最大購入額を決定し、その需要を集約して購入を支援する。

また、フロンティアは、炭素除去のためのデマンドプールを設定するほか、サプライヤーの審査も行う。本イニシアティブでは、大量かつ低コストが期待できる恒久的な炭素除去ソリューションに焦点を当てる予定。フロンティアは、1,000年以上にわたって炭素を貯蔵し、耕作地の制約を受けない炭素吸収源を活用し、規模に応じて1トン当たり100ドル(約12000円)未満のコストを実現し、最終的に年間0.5ギガトン以上の除去を可能にするソリューションを、具体的な基準として挙げている。

【参照ページ】
(原文)Accelerating the Development of Carbon Removal Technologies
(日本語訳)炭素除去技術の開発を加速

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る