英国CMA、ファッション小売業者のグリーン・クレームを調査

7月29日、英国の競争市場庁(CMA)は、ファッション小売業者であるASOS、Boohoo、George at Asdaの商品に関するエコフレンドリーやサステナビリティの主張に対し、調査を行っていることを発表した。CMAは、「両社の製品が環境にやさしいものとして顧客に販売されていることに懸念を抱いている」と述べている。

CMAによると、本調査は、製品やサービスのマーケティングにおいて、消費者が持続可能性の主張に惑わされていないかどうかを調査する、より幅広いグリーンウォッシング調査の一環をなすものだ。今年初めに規制当局が調査の焦点をファッション部門に向けた後、誤解を招く可能性のあるグリーン主張に関する懸念が確認されたと述べている。

CMAが調査した懸念の中には、リサイクル素材の使用など、製品の環境持続性について企業が主張する際に、その主張の根拠やどの製品に言及しているのかについての情報を提供しないことがあった。

CMAは、ASOS、Boohoo、George at Asdaの調査において、ASOSの「Responsible Edit」、Boohooの「Ready for the Future」、George at Asdaの「George for Good」などのコレクションで使われている表現が、実際よりも環境に優しい印象を与えていないか、コレクションに参加するための基準やその基準に従っているか、商品に関する消費者への情報提供などの問題を中心に調査を行う予定である。CMAはまた、生地認定制度や基準に関する企業の発言についても調査する予定だ。

CMAは、いずれの企業も消費者保護法に違反しているかどうかについては、見解に至っていないことを指摘した。カーデルは、もしこれらの企業が誤解を招くようなグリーン表示を行ったことが判明した場合、「必要であれば裁判所を通じて強制措置を取ることも躊躇しない」と述べている。

CMAの発表を受けて、BoohooとASOSは、CMAに協力するとの声明を発表している。

【参照ページ】
(原文)ASOS, Boohoo and Asda investigated over fashion ‘green’ claims
(日本語訳)英国の競争規制当局がファッション小売業者のグリーン・クレームを調査

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る