Comcast、2030年までにネットワークのエネルギー効率を2倍にすることを約束

 

9月19日、通信大手のComcastはネットワークの効率を2倍に高め、2030年までにデータ1単位あたりの消費電力を半減させるという新たな目標を発表した。

同社によると、今回の発表は、Comcastの “ネットワークをより持続可能な形で成長させる “という取り組みの一環である。Comcastは昨年、2035年までに全世界の事業でカーボンニュートラルを達成するという目標を掲げている。同社の排出量の大部分は、購入した電力が占めている。本目標を達成するための取り組みとして、ネットワークや事業運営に必要な再生可能エネルギーへの投資、よりエネルギー効率の高い技術や設備への移行などが挙げられる。

Comcastは、ネットワークの効率を向上させるために進めてきた取り組みについて説明した。これには、仮想クラウドベース技術への投資が含まれており、新しい仮想プラットフォームでは、ヘッドエンド、ハブ、データセンターをより集中化し、データ単位当たりのハードウェア、スペース、エネルギーを削減することができる。

本目標は、今年初めに同社がクリーンエネルギーソリューションのサプライヤーであるConstellationと250MWの太陽光発電の調達で合意したと発表したことに続くもので、Comcastの米国事業の約12%および中部大西洋岸事業の大部分に十分な電力を供給することができる。

【参照ページ】
(原文)Comcast Announces Plan to Power a Greener Internet, Double Network Energy Efficiency by 2030
(日本語訳)Comcast、2030年までにネットワークのエネルギー効率を2倍にすることを約束

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る