Air Canada、Hear Aerospaceから電気飛行機を30機受注 200kmのゼロエミッション飛行が可能

 

9月15日、Air Canadaは電気飛行機会社のHear Aerospaceが新たに発表した30人乗りのハイブリッド電気飛行機を30機、全電気駆動でゼロ・エミッションの航続距離200kmで受注したと発表した。

この航空機の受注と同時に、Hear Aerospaceは、Air Canadaとスウェーデンの航空宇宙・防衛企業が、それぞれ500万ドル(約7億円)の株式を取得したことも発表した。

Air Canadaは昨年、ネット・ゼロの目標を発表し、近代化されたエネルギー効率の高い航空機の導入、電気、水素、ハイブリッドなどの運航技術、持続可能な航空燃料、クリーンエネルギーなどの革新的なソリューションを追求する計画を立てている。また、持続可能な航空燃料(SAF)や炭素の削減・除去に5,000万ドル(約72億円)を投資することを約束した。

Air Canadaは、2028年に就航予定の新型機により、地方路線や通勤路線でより持続可能なサービスを提供できるようになると述べている。

Air CanadaとSaabの投資は、ビル・ゲイツのBreakthrough Energy Ventures、United Airlines Ventures、Mesa Air Group、Heart Aerospaceによる昨年の3500万ドル(約50億ドル)の資金調達ラウンドに続くもので、UnitedとMesaも200機を発注している。

UnitedとMesaの最初の発注は、Heart Aerospaceの19人乗りモデル「ES-19」だったが、現在はより大型の「ES-30」に置き換えている。Heart Aerospaceによると、UnitedとMesaの注文は、更新されたデザインのES-30で再確認されたとのことである。

ES-30は、バッテリーを電源とする電気モーターで駆動し、さらに持続可能な航空燃料で駆動する2つのターボジェネレーターからなるリザーブハイブリッド構成を備えており、完全電気航続距離200km、30人乗りで400km、25人乗りで最大800kmまで到達する能力を備えている。

【参照ページ】
(参考記事)Air Canada to buy 30 electric planes from Heart Aerospace

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る