9月16日、スポーツウェアメーカーのアシックスは、低炭素素材や技術、デザインにこだわったスニーカー「GEL-LYTE III CM 1.95」を本日発売した。

同社によると、GEL-LYTE III CM 1.95は、1足あたりのカーボンフットプリントがわずか1.95kgであり、現在市販されているスニーカーの中で最もCO2排出量が少ないスニーカーであるとのことである。

アシックスは、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者と10年にわたるパートナーシップを結び、製品のライフサイクル全体におけるCO2eインパクトを正確に測定する方法を評価した結果、今回の発売が実現したと述べている。本研究により、製品のライフサイクルの4つの段階(素材、製造、輸送と使用、廃棄・リサイクル)において、省エネにつながる改善がなされた。

スニーカーモデルGEL-LYTE III CM 1.95の主な素材の革新には、カーボンネガティブ発泡体やリサイクル・溶液染色ポリエステルが含まれる。アシックスは、2030年までにポリエステルの100%をリサイクル原料から調達する目標を掲げている。また、テープ状の素材を使用した新しい構造を採用することで、より少ない材料使用量と製造段階での100%再生可能エネルギーの使用を可能にしている。

【参照ページ】
1.95kg CO₂eのカーボンフットプリントを実現 温室効果ガス排出量が最少のスニーカーを開発

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る