EIOPA、差金決済慣行に関する監督声明について、意見募集

7月11日、欧州保険・職業年金機構(EIOPA)は、3ヶ月間にわたり、差金決済に関する監督指針の草案に関するパブリック・コンサルテーションを開始する。

本声明の目的は、EIOPAは、差動価格設定慣行を、リスクおよびサービスコストの特性が類似する消費者が同一の保険商品に対して異なる保険料を請求する価格設定手法を理解することだ。

EIOPAの目的は、消費者の不当な扱いを防ぐことで消費者保護を強化し、適切な商品監督とガバナンス(POG)プロセスを通じて消費者への不利益が防止されることを保証するために、差額価格慣行の監督における収束をより促進することである。

現在のEUの法的枠組みは、商業割引、マーケティング割引、引受割引など、一定の価格差取引を認めているが、EIOPAは、一部のタイプの価格差取引は適用される枠組みを遵守しておらず、消費者の不当な扱いにつながるという見解を持っている。

【参照ページ】
(原文)EIOPA seeks input on supervisory statement on differential pricing practices
(日本語訳)EIOPA、差金決済慣行に関する監督声明について、意見募集

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る