PCAF、「保険業界のためのグローバルGHG会計報告基準」に関するパブリックコンサルテーションを開始

7月14日、炭素会計財務パートナーシップ(PCAF)は、保険業界のためのグローバルGHG会計報告基準に関する進捗状況報告書の公開協議を開始した。

保険業界やその他のステークホルダーから温室効果ガス(GHG)排出量を測定・報告するツールに対する需要が高まっていることから、保険・再保険の引受ポートフォリオに関連するGHG排出量を会計目的で測定・開示するための一連のグローバルで標準的な方法論を開発する必要性が生じてきている。

3月に行われた「保険に関連する排出量のスコープ文書」に関する協議に続き、PCAF保険関連排出量ワーキンググループは、「保険に関連する排出量の報告に関する進捗状況報告書」の最終化に向けて集中的に取り組んできた。

保険業界の温室効果ガス排出量算定・報告基準に関する進捗状況報告書では、以下のようなトピックを取り上げる。

・企業向け損害保険に対する帰属係数の提案
・個人向け自動車保険の帰属係数に関する提案
・保険関連排出量データ及びデータ品質
・報告方法、要件、推奨事項、及び測定基準

PCAFは、7月14日から8月26日まで開催される公開協議において、保険業界のための世界GHG算定・報告基準に関するフィードバックを提供するよう、ステークホルダーに呼びかけている。

【参照ページ】
(原文)PCAF launches public consultation on Global GHG Accounting and Reporting Standard for the Insurance Industry
(日本語訳)PCAF、「保険業界のためのグローバルGHG会計報告基準」に関するパブリックコンサルテーションを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る