PCAF、「保険業界のためのグローバルGHG会計報告基準」に関するパブリックコンサルテーションを開始

7月14日、炭素会計財務パートナーシップ(PCAF)は、保険業界のためのグローバルGHG会計報告基準に関する進捗状況報告書の公開協議を開始した。

保険業界やその他のステークホルダーから温室効果ガス(GHG)排出量を測定・報告するツールに対する需要が高まっていることから、保険・再保険の引受ポートフォリオに関連するGHG排出量を会計目的で測定・開示するための一連のグローバルで標準的な方法論を開発する必要性が生じてきている。

3月に行われた「保険に関連する排出量のスコープ文書」に関する協議に続き、PCAF保険関連排出量ワーキンググループは、「保険に関連する排出量の報告に関する進捗状況報告書」の最終化に向けて集中的に取り組んできた。

保険業界の温室効果ガス排出量算定・報告基準に関する進捗状況報告書では、以下のようなトピックを取り上げる。

・企業向け損害保険に対する帰属係数の提案
・個人向け自動車保険の帰属係数に関する提案
・保険関連排出量データ及びデータ品質
・報告方法、要件、推奨事項、及び測定基準

PCAFは、7月14日から8月26日まで開催される公開協議において、保険業界のための世界GHG算定・報告基準に関するフィードバックを提供するよう、ステークホルダーに呼びかけている。

【参照ページ】
(原文)PCAF launches public consultation on Global GHG Accounting and Reporting Standard for the Insurance Industry
(日本語訳)PCAF、「保険業界のためのグローバルGHG会計報告基準」に関するパブリックコンサルテーションを開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る