Amazon、2022年に再エネ容量を8GW以上拡大し、新記録樹立

Amazon、2022年に8GW以上の新規設備容量で再生可能エネルギーの記録を樹立

1月31日、Amazonは、新たに発表した25件の風力・太陽光発電案件を含む108件のクリーンエネルギー案件を2022年に確保し、同社の再生可能エネルギー容量を年間8GW以上拡大したことを明らかにした。これは、1社が1年間に発表した再生可能エネルギーの新記録となる。

同社によると、本取引は、再生可能エネルギーの最大の企業購入者としての地位を強固にした。現在、そのポートフォリオは20GWを超え、米国の530万世帯の電力に相当するエネルギーである。

25の新規プロジェクトの内訳は、欧州では洋上風力発電プロジェクト2件への投資を含む372MWのプロジェクト11件、北米ではカリフォルニア州のエネルギー貯蔵と組み合わせた太陽光発電プロジェクトを含む918MWのプロジェクト4件、インド、インドネシア、日本では10の新規再生可能エネルギープロジェクトとなっている。

同社の再生可能エネルギーポートフォリオは現在、164の風力発電所と太陽光発電所、Amazon施設での237の屋上太陽光発電プロジェクトを含む、全世界で400を超えるプロジェクトで構成されている。

Amazonは、2030年という当初の目標を前倒しして、2025年までに100%再生可能エネルギーで事業を展開する予定であると述べる。

【参照ページ】
(原文)Amazon Sets a New Record for Most Renewable Energy Purchased by a Single Company
(日本語参考訳)Amazon、2022年に8GW以上の新規設備容量で再生可能エネルギーの記録を樹立

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る