ENGIEとHannon Armstrong、230万kWの再生可能エネルギー・ポートフォリオを完成

ENGIEとHannon Armstrong、230万kWの再生可能エネルギー・ポートフォリオを完成

12月20日、気候変動対策投資会社Hannon Armstrongと電力会社ENGIE North Americaは、バージニア州の50MW太陽光発電所の稼働開始を発表し、風力および実用規模の太陽光プロジェクトによる2.3GW(メガワット)ポートフォリオの稼働完了を宣言した。

両社によると、この13件のプロジェクトは、180万kWの陸上風力発電と50万kWの太陽光発電から成り、米国内の50万戸以上の家庭に相当する電力を供給できる再生可能エネルギーを生産すると推定される。

ENGIEは2019年末にプロジェクトの建設を開始し、両社は2020年7月に提携を発表し、ENGIEはポートフォリオの支配株式を保有して資産管理を継続し、Hannon Armstrongはポートフォリオの運営から得られるキャッシュフローに参加する。

今年初め、ENGIEは、90~100億ユーロ(約1兆1,544億円~約1兆2,827億円)の資産売却とともに、自然エネルギーとエネルギーソリューションへの大規模な投資計画を含む、大規模なリポジショニング戦略を発表した。同社は、2025年まで毎年3~4GWの追加を目指し、2030年までに80GWの自然エネルギー容量を達成する見込みで、欧州、北米、中南米で陸上風力、洋上風力、太陽光などのプロジェクトを展開している。

【参照ページ】
(原文)ENGIE Commissions Final Project in 2.3 GW U.S. Renewables Portfolio Jointly Owned with Hannon Armstrong
(日本語訳)ENGIE、Hannon Armstrong社と共同所有する米国再生可能エネルギーポートフォリオ230万kWの最終プロジェクトに着手

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る