DHL、新たな「グリーン認証プログラム」の開始により輸送会社の排出量削減と報告を促進

DHL、新たな「グリーン認証プログラム」の開始により輸送会社の排出量削減と報告を促進

12月21日、ロジスティクス業界の大手であるDeutsche Post DHL Groupは本日、同社および顧客の二酸化炭素排出量を削減することを目的とした新しいプログラム「DHLグリーンキャリア認定」を開始すると発表した。これは、持続可能性を高める努力をした道路輸送の下請業者に対して報奨を与えるものとなっている。

この新しいプログラムは、DHLのエクスプレス部門、貨物部門、サプライチェーン部門が共同で開発したもので、DHLに陸上輸送サービスを提供するパートナーの環境パフォーマンスを評価し、DHLが効果的に関係を管理し、排出量を削減できるようにするためのものだ。このプログラムでは、輸送会社は、環境または持続可能性に関する戦略を策定し、二酸化炭素排出量を測定し、データの透明性を確保することが期待される。情報は専用のオンラインプラットフォームを通じて取得され、内部監査プロセスを通じて検証される。

協力会社は、「合格」「良」「優」「傑出」などのカテゴリーに従ってランク付けされ、今後の輸送の入札や任務の判断材料として活用される。DHLのコントラクトロジスティクスプロバイダーは、すでに一部の地域でこのプログラムを展開しており、2022年には全世界で展開する予定だ。また、エクスプレス部門では、地上輸送の入札プロセスの一部にこの認証が含まれている。

この新しい認証プログラムは、今年初めに発表されたDHLのサステナビリティロードマップに続くもので、より野心的な気候目標の導入や役員報酬とESG目標の関連付けなど、一連の脱炭素化と環境サステナビリティに関するコミットメントが盛り込まれている。

【参照ページ】DEUTSCHE POST DHL GROUP INTRODUCES GREEN CARRIER CERTIFICATION AS PART OF ITS SUSTAINABILITY ROADMAP

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る