IRENA、オフグリッド再生可能エネルギーに関する報告書を発表

IRENA:エネルギーアクセスのギャップを埋めるオフグリッドセクターが登場

12月21日、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、オフグリッドの再生可能エネルギーに関する報告書を発表した。IRENAの新しいレポート「オフグリッド再生可能エネルギー統計2022」は、コロナウイルスの大流行という困難にもかかわらず、オフグリッド再生可能エネルギーが成長を続けていることを示すものである。

本報告書は、アフリカ、アジア、中南米、オセアニア、中東、カリブ海地域のミニグリッド、調理・照明用バイオガス、オフグリッドソーラーライト、ポンプ、家庭用ソーラーシステムを対象に、2012年から2021年の統計データを提供している。

自然エネルギーによるオフグリッドの電力生産は、急速に拡大していると考えられている。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、実測調査、行政データからの情報を組み合わせることで、世界におけるオフグリッドの再生可能エネルギー導入の主要な傾向を明らかにすることを試みた。

調査の結果、政策立案者・民間投資家・エンドユーザーの支援により、オフグリッドソーラーライトの利用者数は2012年の1540万人から2021年には1億1200万人へと劇的に増加した。アフリカだけでも、オフグリッドソーラーライトの恩恵を受けている人の数は、2021年には5,260万人に達しているとのことだ。

【参照ページ】
(原文)Off-Grid Sector Emerges to Plug Energy Access Gaps
(日本語参考訳)エネルギー・アクセス・ギャップを埋めるオフグリッド部門が誕生

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る