SABICとHHI、プラスチックごみのケミカルリサイクルのため協働を発表

SABICとHHI、プラスチックごみのケミカルリサイクルのため協働を発表

11月29日、SABIC(サウジ基礎産業公社)とマレーシアのプラスチックリサイクル企業HHIは、 海に注ぐ水路や海から半径50km以内の内陸部で回収されたプラスチックごみのケミカルリサイクルにおける協働を発表した。海洋循環型プラスチックの高度なリサイクルによって製造される循環型ポリマーを作る。

海洋プラスチックの回収は、海や水路の保護に役立つだけでなく、業界全体でリサイクルプラスチックの需要を高めることで、地域社会の価値創造にも貢献している。回収されたプラスチックはHHIに送られ、HHIが高度なリサイクルにより熱分解油に変換する。この熱分解油はSABIC社の生産工程において、従来の化石原料の代替として認証された新しい循環型ポリマーの原料として使用される。

HHIは、循環型経済への移行を促進するために必要なステップを示す独自のモデルを作成した。このモデルは、広範なネットワークを通じたた海洋循環型プラスチックの回収、高品質で製造可能な素材への変換、パートナーとの協力による新製品開発、より持続可能な素材の使用を支持するプラットフォームを顧客に提供、持続可能な素材を選択する消費者世代を生み出すという5つのステージで構成されている。

【参照ページ】
(原文)SABIC CREATES THE FIRST CERTIFIED CIRCULAR POLYMERS FROM ADVANCED RECYCLING OF RECOVERED OCEAN-BOUND PLASTIC
(日本語訳)SABICとHHI、プラスチックごみのケミカルリサイクルのため協働を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る