VicinityとENGIE、ショッピングセンターにEV用急速充電器ネットワークを設置

VicinityとENGIE、ショッピングセンターにEV用急速充電器ネットワークを設置

11月4日、Vicinity Centresは、ENGIEとの戦略的パートナーシップを発表した。このパートナーシップにより、 Vicinity のもつ全国の駐車場にEV用の急速充電ステーションが設置され、顧客の利便性が向上する。

オーストラリア再生可能エネルギー庁(ARENA)のFuture Fuelsファンドの一環である本パートナーシップは、オーストラリアでは初めての試みであり、ENGIEはVicinityの全国のショッピングセンターの戦略的立地を活用して、オーストラリアで最も重要かつ広範囲なEV充電インフラを提供する。Vicinity の全国のポートフォリオの中で最大30のセンターに設置される可能性があるこの急速充電用DC充電器は、再生可能エネルギーを利用して、わずか30分でバッテリー容量を80%まで充電できる持続可能な高速充電オプションを全国の顧客に提供する。

急速充電器ネットワークは、顧客にさらなる価値と利便性を提供すると同時に、持続可能なオペレーションを推進し、2030年までにネット・ゼロエミッションを実現するという、 Vicinity の脱炭素化の取り組みを進める上でも重要な役割を果たす。 最初のEV用急速充電器は、今後数ヶ月のうちに設置され、その後2年間で残りを設置する予定だ。

今回の提携は、持続可能性と技術を最優先に、市場をリードする目的地を開発し、そこから未実現の価値を引き出すという、Vicinityの長期的な戦略を示すものである。また、Wingとの提携によるドローンによる配送の実現や、アジアの主要な技術・イノベーション投資家であるTaronga・Venturesへの戦略的投資に続いて、今回の提携により新技術へのアクセスを提供し、急成長している自社の新製品開発プログラムを補完する。

【参照ページ】
(原文)Vicinity and ENGIE to deliver shopping centre-based electric fast-charging network
(日本語訳)VicinityとENGIE、ショッピングセンターに電気自動車用急速充電器ネットワークを設置

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る