JPモルガン、2021年のサステナブル・ファイナンス活動を37兆円に拡大

3月29日、JPモルガン・チェースは、2021年のサステナブル・ファイナンス活動が大幅に拡大し、1年間で気候変動、地域開発、持続可能な開発のプロジェクトや取り組みを支援する2850億ドル(約37兆円)を融資・促進し、2020年から約30%増加したことを明らかにした。

サステナブル・ファイナンスの動員増加により、JPモルガンは2021年4月に発表した2兆5千億ドル(約322兆円)の10年間の持続可能な開発目標を前倒しで達成する見通し。JPモルガンはサステナブル・ファイナンスの進捗状況を、2021年ESGレポートの一部として報告した。

同レポートには、過去1年間のJPモルガンのサステナブル・ファイナンス活動の詳細が記載されている。2021年に動員された2850億ドル(約37兆円)のうち、持続可能な輸送、再生可能エネルギー、エネルギー効率のための350億ドル(約4兆5000億円)以上を含む「グリーン」イニシアティブのために1060億ドル(約13兆円)が促進され、企業や政府発行体のグリーンボンドの引き受け、電気自動車会社の資金調達とアドバイザリーサービス、新興再生エネルギー会社に対する融資などの融資活動が行われた。

開発金融活動は全体の 1,170 億ドル(約14兆円)を占め、途上国における教育、金融サービス、ヘルスケア、通信へのアクセス拡大など、持続可能な開発プロジェクトに資金を動員している。

またJPモルガンは、地域開発のために610億ドル(約8兆円)を融資・促進し、低・中所得者や黒人、ヒスパニック、ラテン系の個人やコミュニティに焦点を当て、持ち家や手頃な価格の住宅、小規模企業、ヘルスケアなどの分野を支援した。

【参照ページ】
(原文)2021 Environmental Social & Governance Report

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る