EU理事会、欧州グリーンボンド規則の推進に合意

EU理事会、欧州グリーンボンド規則策定の推進に合意

4月13日、欧州連合理事会は欧州グリーンボンドを創設し、グリーンボンド発行に「欧州グリーンボンド」または「EuGB」の呼称の使用を希望する発行体の要件と監督枠組みを設定する提案を、理事国が承認したと発表した。

欧州委員会は、サステナブル・ファイナンスを促進し、EUと世界の気候目標を推進するために必要な投資の促進を目的とした取り組みの一環として、2021年7月にEuGB規制提案を開始。

提案されたグリーンボンド規則は、企業や公的機関がグリーンボンドを利用して資本市場で資金を調達する方法について「ゴールドスタンダード」を作り、投資家をグリーンウォッシュから保護しつつ、サステナブル・ファイナンスの促進を支援する。欧州委員会が提案する枠組みの主要な構成要素として、EuGB指定債は、EU分類法に沿ったプロジェクトに資金を完全に配分すること、などが挙げられる。

EU理事会での合意を受け、今後、欧州グリーンボンドの最終版を起草するため、欧州議会との交渉を開始する。

【参照ページ】
(原文)Sustainable finance: Council agrees its position on European Green Bonds
(日本語訳)持続可能な資金調達:理事会、欧州グリーンボンドに関する立場に同意

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る