EU理事会、欧州グリーンボンド規則の推進に合意

EU理事会、欧州グリーンボンド規則策定の推進に合意

4月13日、欧州連合理事会は欧州グリーンボンドを創設し、グリーンボンド発行に「欧州グリーンボンド」または「EuGB」の呼称の使用を希望する発行体の要件と監督枠組みを設定する提案を、理事国が承認したと発表した。

欧州委員会は、サステナブル・ファイナンスを促進し、EUと世界の気候目標を推進するために必要な投資の促進を目的とした取り組みの一環として、2021年7月にEuGB規制提案を開始。

提案されたグリーンボンド規則は、企業や公的機関がグリーンボンドを利用して資本市場で資金を調達する方法について「ゴールドスタンダード」を作り、投資家をグリーンウォッシュから保護しつつ、サステナブル・ファイナンスの促進を支援する。欧州委員会が提案する枠組みの主要な構成要素として、EuGB指定債は、EU分類法に沿ったプロジェクトに資金を完全に配分すること、などが挙げられる。

EU理事会での合意を受け、今後、欧州グリーンボンドの最終版を起草するため、欧州議会との交渉を開始する。

【参照ページ】
(原文)Sustainable finance: Council agrees its position on European Green Bonds
(日本語訳)持続可能な資金調達:理事会、欧州グリーンボンドに関する立場に同意

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る