フランス、史上初のインフレ連動型グリーンボンドを発行

フランス、史上初のインフレ連動型グリーンボンドを発行

5月25日、フランスの債務・資金管理機関であるAgence France Trésor(AFT)は、新たに40億ユーロ(約5,470億円)のグリーンボンド発行を発表した。今回の新債券、グリーンOAT(Obligations Assimilables Du Trésor)€i0.10% 25 July 2038 は、史上初のインフレ連動型ソブリングリーンボンドで、欧州消費者物価指数(タバコ除く)との調和により債券の価値がインフレから保護される仕組みになっている。

今回の募集は、フランスがソブリン・サステナブル・ファイナンス市場のパイオニアとしての地位を継続することを意味する。フランスは、2017年に70億ユーロ(約9,570億円)の初回発行を行い、ソブリンベンチマークグリーンボンドを発行した最初の国である。今回の募集を受け、現在までのグリーンOATの発行額は約500億ユーロ(約6兆8,000億円)に達している。

本債券は、フランスの「グリーンOATの枠組み」に基づいて発行され、グリーンボンドの募集による資金からの投資対象分野が詳細に規定されている。AFTは、今年のグリーンボンドによる支出は総額150億ユーロ(約2兆円)で、気候変動の緩和、気候変動への適応、生物多様性の保護、公害防止などの分野に投資されると述べている。

本債券に対する需要は非常に強く、オーダーブックは約270億ユーロ(約3兆7,000億円)と7倍近くもオーバーサブスクライブされた。今回の取引には220以上の投資家が参加し、割当額の半分以上がグリーン投資家に配分されている。

【参照ページ】
(原文)25 MAY 2022: LAUNCH OF THE NEW GREEN INFLATION-LINKED OAT€i 0.10% 25 JULY 2038 FOR AN AMOUNT OF €4BN
(日本語訳)2022年5月25日:インフレ連動型新グリーンオーツ0.10% 2038年7月25日、40億ユーロの金額で発売開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る