EV充電の新興企業SWISH、約74億円を調達

EV充電の新興企業SWISHが約74億円を調達

9月27日、BtoBのEV充電ステーション管理会社であるSWISHは、4,700万ユーロ(約74億円)の株式および準株式による資金調達ラウンドの完了を発表した。

資金調達は、持続可能なインフラ投資家RGREEN INVESTが運営するファンドINFRAGREEN Vが行った。

2020年に設立されたフランスを拠点とするSWISHは、充電ステーションの所有者となる第三者顧客に設計、建設、管理、メンテナンスサービスを提供している。SWISHの「設備投資不要」サービスには、電気自動車充電設備の資金調達も含まれ、顧客が建設資金を調達することなく、従業員やパートナー、電気自動車保有車両に充電ポイントを提供できるターンキー・アプローチを提供している。

今回の投資により、SWISHは開発を加速させ、将来のプロジェクトの建設資金を調達することが可能となる。SWISHは、すでにフランス国内で強固なプロジェクト・パイプラインを有しており、今後は海外、特にイタリアとスペインでの事業拡大が見込まれている。2030年までに、SWISHは8万箇所以上の充電ポイントの配備を目指している。SWISHは、2023年末までに30名、2024年末までに約40名のEVCIスペシャリストを擁するまでに成長すると見込んでいる。これらの専門家がグループの80の設置業者を管理する。

【参考ページ】
(原文)SWISH, a major French player in BtoB electric vehicle charging, annouces EUR47 million financing by INFRAGREEN V
(日本語参考訳)BtoB電気自動車充電におけるフランスの大手企業SWISH、INFRAGREEN Vによる4,700万ユーロの資金調達を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る