オーストラリア政府、ネット・ゼロ局を新設

オーストラリア政府、ネット・ゼロ局を新設

5月5日、オーストラリア政府は、国家的なネット・ゼロ局を法制化する予定を発表した。ネット・ゼロ局は、ネット・ゼロ・エミッションの達成に伴う秩序ある前向きな経済転換を促進する責任を負う。

ネット・ゼロ経済への世界的な変革は、オーストラリア、その地域、産業、労働者にとって、大きな経済的機会の源となる。新たに法制化されたネット・ゼロ局は、以下を実現する。

  • ネット・ゼロへの転換が進む中、排出集約型部門の労働者が新たな雇用、スキル、サポートを受けられるよう支援する。
  • 地域やコミュニティが新しいクリーンエネルギー産業を誘致し、活用できるよう、政府全体でプログラムや政策を調整し、それらの産業が成功するよう支援する。
  • 投資家や企業がネット・ゼロ変換の機会に関与するのを支援する。

政府は、本年7月1日付で行政機関の設立を総督に勧告する予定である。当初は首相・内閣府に置かれるネット・ゼロ局は、法制化された国家ネット・ゼロ当局の最終設計と設立に関する政府への助言も行う。

ネット・ゼロ局は、州、準州、地方政府、既存の地域団体、労働組合、産業界、投資家、先住民グループと協力し、主要地域、産業、雇用主などがクリーンエネルギー経済への転換を積極的に管理できるよう支援する。

政府はまた、鉄道や航空などの既存産業とクリーンエネルギー新産業を支援するため、19億ドル(約2,587億円)のPowering the Regions Fundから追加資金を提供し、4億ドル(約544億円)のIndustrial Transformation Streamを創設する予定である。

現在、主要国のほとんどとオーストラリアの貿易相手国の大半を含む150カ国以上が、2050年までにネット・ゼロを達成することを約束している。再生可能エネルギーが最も安価な新エネルギーであることから、オーストラリアの産業に対する投資家の関心も、こうした流れに沿ったものとなっている。

【参照ページ】
(原文)NATIONAL NET ZERO AUTHORITY
(日本語訳)オーストラリア政府、ネット・ゼロ局を新設

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る