UNEP、排出量ギャップ報告書2023発行。対策強化なしでは2100年に2.5~2.9℃上昇

11月20日、国連環境計画(UNEP)は、アラブ首長国連邦のドバイで開催される2023年気候サミットに先駆け、「排出量ギャップ報告書2023」を発行した。本報告書によると、パリ協定の下での現在のコミットメントでは、今世紀の世界の気温は産業革命前より2.5~2.9℃上昇する方向にあり、気候変動対策の強化が早急に必要であることが指摘された。

本報告書は、予測される2030年の温室効果ガス(GHG)排出量を2℃パスウェイで28%、1.5℃パスウェイで42%削減するためには、世界的な低炭素化が必要であることを強調。パリ協定の気温目標達成の可能性を維持するためには、この10年間で緩和を大幅に強化し、排出量ギャップを縮小する必要がある。これにより、次回の国別拠出金(NDC)における2035年までの野心的な目標が達成されやすくなり、現在世界の排出量の約80%をカバーするネットゼロの誓約を達成できる可能性が高まる。

条件付きNDCと長期的なネット・ゼロの誓約がすべて達成されれば、気温上昇を2℃に抑えることは可能であるが、G20のどの国も、ネット・ゼロ目標に見合うペースで排出量を削減していないと言及した。最も楽観的なシナリオでも、温暖化を1.5℃に抑える可能性は14%に過ぎない。

本報告書は、すべての国に対し、エネルギー転換を中心に、経済全体にわたる低炭素開発の転換を実現するよう求めている。達成に向けては、国際的な金融支援を大幅に拡大し、新たな公的・民間資金源を、資本コストを引き下げる資金調達メカニズム(デットファイナンス、長期譲許的資金調達、保証、触媒的資金調達など)を通じて再構築する必要があるとした。

また、GHG排出削減を遅らせることは、将来的に大気中の二酸化炭素除去への依存度を高めると指摘。CO2除去は、主に植林、再植林、森林管理を通じて、すでに実施されているものの、最もコストの低い方法では、従来のCO2除去量と、空気中のCO2を直接回収して貯蔵するような新しいCO2除去量の両方が大幅に増加することを想定している。

【参照ページ】
(原文)Nations must go further than current Paris pledges or face global warming of 2.5-2.9°C
(日本語参考訳)UNEP、排出量ギャップ報告書2023発行。対策強化なしでは2100年に2.5~2.9℃上昇

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る