コールズ、DSM飼料の使用拡大。牛のメタン排出を50%削減

11月15日、小売大手豪コールズは、欧州食品安全機関により使用が認可され、50カ国以上で販売されている「Bovaer」の使用拡大を発表した。同社は2022年、豪畜産大手Mort&Co、ニューイングランド大学、DSMフィルメニッヒとともに、Bovaerを使用した実証プロジェクトを開始した。

同社は、Bovaerの使用拡大により、牛のげっぷによるメタン排出量を50%以上削減すると見込む。本飼料は、牛のメタン生成の引き金となる酵素を抑制し、牛の自然な消化プロセスの一部として分解する。Bovaerに関するオーストラリア初の試験の結果、平均退出体重、総体重増加、1日平均増体量、飼料増体率には影響を及ぼさない。

また、牛肉の品質、柔らかさ、風味、ジューシーさを測定するMSA(Meat Standards Australia)パラメータも測定。その結果、Bovaerを与えられた牛の肉は、オーストラリア産牛肉に期待される素晴らしい味と食感を持つことがわかった。

Bovaerの使用は、業界をリードするColes Finest認証のカーボンニュートラル牛肉シリーズを基礎とするもので、2022年4月に発売され、現在では全国の全店舗で販売されている。最近では、Coles Finest認証のカーボンニュートラル豚肉が発売され、品揃えが拡大した。 これらの牛肉と豚肉は、オーストラリア政府のクライメート・アクティブ・カーボン・ニュートラル規格に基づき、農場から店頭に並ぶまでカーボンニュートラルであることが証明されている。

【参照ページ】
(原文)Coles boosts sustainability in beef production with expanded use of supplement
(日本語参考訳)コールズ、DSM飼料の使用拡大。牛のメタン排出を50%削減

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る