ネイチャー・アクション100、生物多様性と自然喪失に取り組む100社を対象としたキャンペーンを開始

約3,584億円投資家グループ、生物多様性と自然喪失に取り組む100社を対象としたキャンペーンを開始

9月26日、約24兆ドル(約3,584兆円)の資産を持つ190の機関投資家が参加する投資家エンゲージメント・イニシアティブであるネイチャー・アクション100は、自然損失と生物多様性の減少に対処するための企業行動を促進することを目的としたキャンペーンで対象となる100社のリストを発表した。

キャンペーンの対象企業には、アマゾン、マクドナルド、ネスレ、ウォルマート、グレンコアなどが含まれる。ネイチャー・アクション100によると、企業は主要セクターの時価総額と、自然への影響が最も大きい企業の利用に基づいて選ばれた。主な対象部門には、バイオテクノロジーと医薬品、化学品、家庭用品とパーソナルグッズ、消費財小売、食品、食品と飲料小売、林業と製紙、金属と鉱業が含まれる。

ネイチャー・アクション100は、2022年12月に開催されたCOP15国連生物多様性条約締約国会議(COP15 United Nations Convention on Biological Diversity)において、自然損失と闘う企業の野心と行動を高めるための投資家エンゲージメント活動を調整することを目的として発足した。現在、世界のGDPの半分以上にあたる44兆ドル(約6,535兆円)の経済価値創出が自然サービスに依存しており、森林破壊に関連する商品の生産が継続された場合、今後5〜10年間で数百億ドルのリスクがある。

エンゲージメント・キャンペーンのキックオフとして、100のフォーカス企業それぞれに書簡が送られ、自然や生物多様性の損失から生じるビジネスへのシステミック・リスクについて説明された。

この書簡では、自然喪失の主な要因への寄与を最小限に抑え、生態系の保全と回復に努めること、バリューチェーン全体で自然関連の依存関係、影響、リスク、機会を評価・開示すること、自然関連の依存関係、影響、リスク、機会に関する目標および目標達成計画を設定すること、自然関連の問題に関する取締役会の監督を確立すること、自然関連の計画と目標を実施するためにバリューチェーン全体で取り組むことを約束することなど、イニシアティブが示す一連の期待事項を実施するよう企業に求めている。

【参照ページ】
(原文)Nature Action 100 announces companies, start of investor engagement process to catalyze greater action on nature loss
(日本語参考訳)ネイチャー・アクション100が企業を発表、自然損失に対する行動拡大の触媒となる投資家参加プロセスを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る