資本連合の価値委員会、インパクト評価の透明性基準草案を発表

8月2日、国際インパクト測定ガイドラインNGO資本連合(Capitals Coalition)が主催する3年間の共同プロジェクトであるバリュー・コミッション(The Value Commission)は、「バリュー・ファクター」の作成・適用に関する透明性基準の草案について、世界各国からの意見を求めるための公開コンサルテーションを開始した。

バリュー・ファクターは、企業が事業全体にわたって収集した情報を、自然資本・社会資本・人的資本にわたる影響と依存関係の価値に関する洞察に変換することを可能にする。これらのバリュー・ファクターを使用することで、企業は事業やサプライチェーンの全体像を把握し、資本全体にわたって価値を提供する、より良い情報に基づいた意思決定を行うことができる。

バリュー・ファクターは、組織が行う意思決定に基づいて創出される、あるいは損なわれる価値を推定するために、長い間使用されてきた。例えば、1トンの炭素を排出する決定を評価する場合、バリュー・ファクター(例えば、炭素1トン当たり185ドルの社会的コスト)を使用することで、組織は、関連する健康への影響やより広範な社会的コストをより適切に計算することができる。

今回、正確なファクター(係数)が世の中に少ないという問題意識から、バリューファクターが信頼に足るものであり、バリューファクターの作成・適用に使用される方法論が明確で透明性の高いものであることを保証する必要性を明示した。

透明性基準は、バリュー・ファクターの適用に対するユーザーの信頼性を向上させるために使用できる、詳細な基準のセットである。基準は、開発者・利用者・利害関係者間の情報の流れを改善するための手法として機能する。

この透明性とは、ファクターの開発において正義、衡平性、多様性、インクルージョンがどのように考慮されたかだけでなく、ファクターが通知しようとする意思決定の範囲、ファクターの作成に使用された方法論、またはファクターの開発に使用されたソースデータに含まれる詳細レベルに関連する可能性がある。現在、これらのテーマやその他の幅広いテーマについて53の基準が起草されている。

価値委員会は現在、グローバルな透明性基準に関するパブリックコメントを募集しており、協議は2023年10月20日まで受け付けている。また、2023年9月からは、並行してパイロットテストも実施される。

【参照ページ】
(原文)The Value Commission Launches Public Consultation On Draft Transparency Criteria
(日本語訳)資本連合の価値委員会、インパクト評価の透明性基準草案発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る