bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

1月17日、エネルギー大手bpはオマーンのエネルギー鉱物資源省と新たなパートナーシップを結び、2030年までにオマーンで「世界トップクラス」の規模の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を検討することを発表した。

bp社は、まず8,000km2の土地から太陽光と風力のデータを取得し、評価することから始める。このデータの評価により、オマーン政府がこの地域における将来の再生可能エネルギーハブの開発を承認するための支援を行う。

同社によると、再生可能エネルギー資源は、国内および世界の輸出市場向けのグリーン水素開発のための再生可能エネルギーを供給する可能性がある。

この合意により、bp社とオマーンは、再生可能エネルギー戦略、規制、再生可能エネルギーハブの設立、地元の労働力の開発と再教育など、さまざまな分野で提携する方法を検討することになる。

今回の新たなパートナーシップは、オマーンにおける同社のビジネスの進化を意味し、開発した再生可能エネルギー発電能力を拡大し、水素の分野で早期に地位を確立するという同社の戦略に沿ったものである。また本発表は、オマーンの2040年ビジョンに向けた重要な一歩であり、同国が低炭素エネルギーの主要拠点となる好機でもある。

bpは2020年に、bpを石油会社から総合エネルギー企業へと転換させることを目的とした「エネルギー転換戦略」を開始した。2021年、bpはオマーンにおける水素産業を促進するため、オマーンの国家水素アライアンスに参加し、同国におけるbpのロードマップを策定するためのネットゼロ・タスクフォースを立ち上げた。

【参照ページ】
(原文)bp and Oman form strategic partnership to progress significant renewable energy and hydrogen development
(日本語訳)bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る