カーライル、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ114億円超の投資を発表

カーライル、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ114億円超の投資を発表

1月14日、グローバルな民間資本投資会社であるCarlyleグループは、コミュニティ規模のクリーンエネルギー開発会社NineDot EnergyやEV充電・サービス会社Fermata Energyなど、エネルギー転換に焦点を当てた企業への1億ドル(約114億円)を超える出資を発表した。

ニューヨーク市に本社を置くNineDotは、コミュニティ規模のクリーンエネルギー発電と蓄電池プロジェクトを開発している。NineDotによると、Carlyleの投資は、2026年までに400メガワット以上のクリーンエネルギーシステムを開発、建設、運営するという同社の計画を達成するもので、クイーンズ、スタテン島、ブロンクス、ロングアイランドにおけるバッテリー貯蔵プロジェクトのパイプラインも含まれている。

2010年に設立されたFermataは、EVを建物や電力網に統合することを目的とした技術の設計、供給、運営を行っている。この技術では、EVが使用されていないときに、配電可能なエネルギー貯蔵資源として機能できる「V2X」プラットフォームを利用している。

この取引は、エネルギー転換に焦点を当てたCarlyleによる継続的な取引である。例えば、エネルギー開発・運営会社Tenaskaから6GWの米国太陽光・蓄電開発パイプラインを買収したのを皮切りに、完全所有の公益事業規模持続可能インフラプラットフォームCopia Powerを立ち上げている。過去2年間、Carlyleのインフラストラクチャー・プラットフォームは、再生可能エネルギーおよび持続可能エネルギー企業に対して12億ドル(約1,374億円)以上を出資している。

【参照ページ】
(原文)Carlyle Commits Over $100 Million in Battery Storage and Electric Vehicle Infrastructure Technologies to Accelerate the Energy Transition
(日本語訳)Carlyle 、エネルギー転換を加速させる蓄電池と電気自動車のインフラ技術に1億ドル超の投資を決定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る