浙江海順電工、フィリップスのサステナビリティプログラムを通じ、大幅な電力削減に成功

12月8日、蘭フィリップスは、中国の浙江海順電工が自社のサプライヤー・サステナビリティ・パフォーマンス・プログラムに参加したことで、年間35万kWh以上の電力を節約したと発表した。

2020年にこのプログラムに参加して以来、フィリップスと浙江海順電工は共同で120以上のサステナビリティ改善の可能性がある分野を特定し、その多くはすでに実行に移されている。そして、予測される省エネ効果は年間350,000kWh(3.5MWh)以上にのぼる。また、水の節約量は年間約9,000トン(900万リットル)と推測されており、廃水処理の変更により廃水の質は10倍改善されると予測されている。

フィリップスは、継続的な環境・社会・ガバナンス(ESG)コミットメントの一環として、すでに自社事業におけるサステナビリティの向上とCO2排出量削減のための行動を幅広く取っており、科学的根拠に基づく目標設定、医療機器の循環型経済ソリューション、すべての新製品に適用されるエコデザイン原則、再生可能エネルギー調達戦略など、自社サイトからのCO2換算排出量を2025年までに75%、2040年までに90%削減することを目標としている。

浙江海順電工が参加したSSPプログラムは、フィリップスのサプライチェーンにおいて同様の排出量削減を達成する戦略の中核をなすもので、自社事業所の7倍もの有益な影響を与える可能性がある。このプログラムを通じて、フィリップスの目標は、2025年までに科学的根拠に基づくCO2排出量削減目標をサプライヤーの50%以上(支出ベース)に約束させることである。

【参照ページ】
(原文)Philips sustainability program puts collaboration ahead of auditing to reduce supply chain CO2 emissions
(日本語訳)浙江海順電工、フィリップスのサステナビリティプログラムを通じ、大幅な電力削減に成功

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る