Fervo Energy、24時間365日カーボンフリーのエネルギーソリューションに約360億円を調達

地熱発電の新興企業ファーボ・エナジー、24時間365日カーボンフリーのエネルギーソリューションのために約360億円を調達

2月29日、地熱エネルギーの新興企業であるFervo Energyは、2億4400万ドル(約360億円)を調達したと発表した。新たな資金調達による収入は、24時間体制のクリーンエネルギー・ソリューションの展開を進めることを目的としている。

2017年に設立されたテキサス州ヒューストンに拠点を置くFervo Energyは、カーボンフリーのエネルギーを供給する地熱プロジェクトの開発に注力している。同社は水平掘削や分散型光ファイバーセンシングなどの技術を使い、地表下に存在する高温の岩石の貯留層をクリーンなエネルギー源にする。

Fervoによると、地熱エネルギーは、風力や太陽光などの断続的な自然エネルギーを補完し、24時間365日クリーンなエネルギー源に対するニーズの高まりに対応するのに理想的である。

今回の増資は、2022年の1億3800万ドル(約204億円)の資金調達に続くものである。それ以来、Fervoは最初の商業プロジェクトをオンライン化し、ユタ州ビーバー郡の400MWプロジェクトであるケープ・ステーションで掘削を開始した。初期の掘削結果は、掘削時間の短縮と、エネルギー省が期待する強化型地熱システム(EGS)を大幅に上回るコスト削減を示している。

同社によると、新しい資本は、2026年に送電網へのクリーンな電力供給を開始するケープ・ステーションの事業をサポートする。

本ラウンドは、シェールオイル・ガス会社のデヴォン・エナジーが主導した。既存の投資家であるCapricorn’s Technology Impact Fund、Congruent Ventures、DCVC、Elemental Excelerator、Helmerich & Payne、Impact Science Venturesに加え、Galvanize Climate Solutions、John Arnold、Liberty Mutual Investments、Marunouchi Innovation Partners、Mercuria、三菱重工業もこのラウンドに参加した。

【参照ページ】
(原文)Fervo Energy Raises $244 Million to Accelerate Deployment of Next-Generation Geothermal
(日本語参考訳)ファーボ・エナジーが2億4400万ドルを調達、次世代地熱の普及を加速

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る