チリ、史上初の「ソブリン・サステナビリティ・リンク・ボンド」を発行

 

3月3日、チリ共和国は、20億米ドル、20年のサステナビリティ・リンク・ボンドの新規発行を完了したと発表した。本債券の利息は、同国の気候変動目標の達成度に連動している。サステナブルファイナンスを行う企業の間で急速に普及している商品で、国債における発行は今回が初である。

本債券は、チリが最近発表した「Sustainability-Linked Bond Framework」に基づいて発行された。同枠組みによると、チリの温室効果ガス(GHG)排出量の絶対値削減や、国の電力システムにおける非伝統的再生可能エネルギー発電の割合などがKPIとして追跡される。

温室効果ガス削減目標には、2030年までに温室効果ガスの年間排出量を95 MtCO2eにすることと、2020年から2030年までの温室効果ガス削減目標を最大1,100 MtCO2eにすることが含まれている。再生可能エネルギーSPTは、2028年までに非伝統的な再生可能エネルギー源による発電量を50%、2032年までに60%を達成するとしている。

【参照ページ】
(参考記事)Chile prices first sovereign sustainability-linked bond

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る