チリ、史上初の「ソブリン・サステナビリティ・リンク・ボンド」を発行

 

3月3日、チリ共和国は、20億米ドル、20年のサステナビリティ・リンク・ボンドの新規発行を完了したと発表した。本債券の利息は、同国の気候変動目標の達成度に連動している。サステナブルファイナンスを行う企業の間で急速に普及している商品で、国債における発行は今回が初である。

本債券は、チリが最近発表した「Sustainability-Linked Bond Framework」に基づいて発行された。同枠組みによると、チリの温室効果ガス(GHG)排出量の絶対値削減や、国の電力システムにおける非伝統的再生可能エネルギー発電の割合などがKPIとして追跡される。

温室効果ガス削減目標には、2030年までに温室効果ガスの年間排出量を95 MtCO2eにすることと、2020年から2030年までの温室効果ガス削減目標を最大1,100 MtCO2eにすることが含まれている。再生可能エネルギーSPTは、2028年までに非伝統的な再生可能エネルギー源による発電量を50%、2032年までに60%を達成するとしている。

【参照ページ】
(参考記事)Chile prices first sovereign sustainability-linked bond

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る