アラスカ航空、機内でのプラスチックカップの使用を終了

アラスカ航空、機内でのプラスチックカップの使用を終了

1月25日、アラスカ航空は、機内飲料に使用されていたプラスチックカップの使用を終了し、フライト中のプラスチック廃棄物の最大の発生源を取り除く取り組みを継続することを発表した。同航空によると、この移行により、年間55個以上のプラスチックカップがなくなり、より環境的に持続可能な代替品に置き換わることになる。

今回の成果は、2021年11月に同社が発表した、フライトからプラスチック製の水筒とカップを排除し、ボトルをボックス型ウォーターカートに置き換え、水もリサイクル可能な紙コップに移行する取り組みに続くものである。当時、紙コップから漏れる可能性のある炭酸飲料やアルコール飲料については、引き続き機内でプラスチックコップが必要であり、これらについては持続可能な代替案を検討していると述べていた。

ペットボトルの水とカップを廃止することで、毎年220万ポンドのプラスチックが埋立地に送られるのを避けることができるという。

同航空は、2025年までに機内サービスから廃棄物発生量上位5品目を置き換えるという目標を達成するため、製品のイノベーションとサプライチェーンの改善を引き続き追求するとしている。

現在、アラスカ航空のフライトでは、すべての機内食がFSC(森林管理協議会)認証の紙コップで提供され、ファーストクラスのサービスでは再利用可能なガラス食器で提供されている。

【参照ページ】
Alaska Airlines eliminates inflight plastic cups: West Coast-based airline becomes first U.S. carrier to replace plastic with planet-friendly alternative

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る