CorioとRise、TotalEnergiesの3GW米国洋上風力発電プロジェクトに約630億円出資

CorioとRise、TotalEnergiesの3GW米国洋上風力発電プロジェクトに約630億円出資

10月23日、フランスを拠点とするエネルギー大手TotalEnergiesは、マッコーリーのグリーン・インベストメント・グループ(GIG)傘下のCorio Generationおよびエネルギー資産運用会社Rise Light & Powerと、ニューヨーク州およびニュージャージー州沖合の3GW超の洋上風力発電プロジェクト、Attentive Energyの共同開発に関する新たな提携を発表した。

Corio GenerationとRise Light & Powerは、それぞれ27.7%と16.3%の権益を4億2,000万ドル(約630億円)の現金対価で取得した。残りの56%はTotalEnergiesが保有する。

沖合42マイルに位置し、約84,000エーカーの海底に広がるAttentive Energyは、3GW以上の再生可能エネルギーを開発し、ニューヨーク州とニュージャージー州全域の100万世帯以上にグリーン電力を供給することを目指している。

新契約により、Rise Light & Powerは、ニューヨーク市の発電容量の20%以上を占めるレイベンズウッド発電所での洋上風力発電プロジェクトの相互接続を管理し、同発電所のガス発電機の撤去を開始する。Corio Generationは、洋上風力発電事業者としての経験をこの提携に生かす。マッコーリーのGIGは昨年、Corio Generationの立ち上げを発表し、100人以上のスタッフを洋上専門事業に異動させ、英国、欧州、台湾、韓国、オーストラリアにわたるGIGの既存プロジェクト・ポートフォリオの開発を継続するとともに、新たな世界クラスの洋上風力発電資産の創出、資金調達、開発の機会を模索している。

TotalEnergiesは、2025年までに再生可能エネルギー発電設備容量を35GW、2030年までに全世界で100GWにするという目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)TotalEnergies joins forces with Corio and Rise to develop 3+ GW wind project offshore New York & New Jersey
(日本語参考訳)トタルエナジーズ、コリオ社およびライズ社と共同で、ニューヨーク州およびニュージャージー州沖合で3GW超の風力発電プロジェクトを開発

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る