水・衛生NGOウォーターエイド、アフリカの医療施設のWASHサービスを支援するプログラム開始

9月13日、水・衛生NGOウォーターエイドは、コンラッド・ヒルトン財団からの助成金により、アフリカの医療施設における清潔な水・衛生設備・サービス(WASH)へのアクセスを改善するための政策提言と情報提供を行う1年間のプログラムを開始したと発表した。

本助成金149万ドル(約2億円)は、エチオピア・ガーナ・ウガンダに焦点を当て、第一線で働く医療従事者や患者、周囲のコミュニティが清潔な水や手洗い場、適切なトイレを利用できず、危険な労働環境、病気の拡大、母親や新生児の健康リスクの増大を招いている問題に対処する。

主な活動内容は以下の通り。

  • 清潔な水、衛生設備と医療施設への影響の関連性を示す証拠を構築し、地方・地域・国レベルでの政策決定に反映させる。
  • 女性の権利団体、医療連合、非政府組織(NGO)、地域社会のリーダーなど、清潔な水と衛生設備へのアクセスを擁護する市民社会のリーダーを動員し、その能力を構築する。
  • データの収集と監視、予算、持続可能な水・衛生・保健計画の策定と実施を行う地元の保健当局者や政府指導者を訓練し、支援する。
  • 米国および世界の政策立案者、ドナー、医療関係者と協力し、持続可能な清潔な水と衛生設備へのアクセスに対する認識と支援を構築する。

【参照ページ】
(原文)WaterAid launches advocacy program to deliver sustainable water, sanitation and hygiene services to African healthcare facilities
(日本語訳)ウォーターエイドは、アフリカの医療施設に持続可能な水、衛生設備、衛生サービスを提供するためのアドボカシー プログラムを開始します

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る