エネルギー大手National Grid、ニューヨーク気候週間でクリーン・エネルギー・ビジョンを発表

National Grid、クライメート・ウィーク・ニューヨークで北東部クリーン・エネルギー・ビジョンを発表

9月20日、エネルギー大手National Gridは、Climate Week NYC 2022の開幕にあたり、ニューヨーク州南東部に位置するロングアイランド全域にクリーンで化石燃料を使用しない大規模なエネルギーハブを開発し提供するモデルを紹介した。「ノースイースト・クリーンエネルギー・ビジョン」は、同地域と米国全体のイノベーションの道標として機能する。

本ビジョンで示されたロングアイランドのクリーンエネルギーハブには、4つの重要な構成要素が含まれており、これらが連携して機能する予定である。

  • 洋上風力発電と太陽光発電による、よりクリーンでカーボンフリーなエネルギーの開発
  • 再生可能エネルギーを利用して、発電所や家庭の暖房用燃料となるクリーンな水素を製造
  • 風力や太陽光エネルギーを貯蔵し、後で使用するための蓄電池をより多くオンライン化
  • 送電網を近代化・拡大し、よりクリーンでカーボンフリーなエネルギーを顧客や地域社会に供給


本ビジョンは、2050年までにガスと電気のシステムから化石燃料をなくすという、最近発表された同社の化石燃料フリー計画に基づくものだ。

National Gridは現在、ロングアイランドで、NextEra Energy Resourcesと共同で最新の太陽光発電と蓄電池のプロジェクトを運営している。また、同社はRWE RenewablesとのジョイントベンチャーであるCommunity Offshore Windを通じて、3GWの発電容量を持つニューヨーク湾の洋上風力発電インフラの開発も行っている。

同社は全米で大規模な送電事業に取り組んでおり、ニューヨーク・トランスコの一部所有者として、同州の送電網の回復力向上に尽力している。現在、ニューヨークでは2つの送電網近代化プロジェクトが建設中で、2023年後半に完成する予定だ。

【参照ページ】
(原文)National Grid Unveils Northeast Clean Energy Vision During Climate Week NYC
(日本語訳)ナショナルグリッド、ニューヨーク気候週間に北東部のクリーンエネルギービジョンを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る