エネルギー大手National Grid、ニューヨーク気候週間でクリーン・エネルギー・ビジョンを発表

National Grid、クライメート・ウィーク・ニューヨークで北東部クリーン・エネルギー・ビジョンを発表

9月20日、エネルギー大手National Gridは、Climate Week NYC 2022の開幕にあたり、ニューヨーク州南東部に位置するロングアイランド全域にクリーンで化石燃料を使用しない大規模なエネルギーハブを開発し提供するモデルを紹介した。「ノースイースト・クリーンエネルギー・ビジョン」は、同地域と米国全体のイノベーションの道標として機能する。

本ビジョンで示されたロングアイランドのクリーンエネルギーハブには、4つの重要な構成要素が含まれており、これらが連携して機能する予定である。

  • 洋上風力発電と太陽光発電による、よりクリーンでカーボンフリーなエネルギーの開発
  • 再生可能エネルギーを利用して、発電所や家庭の暖房用燃料となるクリーンな水素を製造
  • 風力や太陽光エネルギーを貯蔵し、後で使用するための蓄電池をより多くオンライン化
  • 送電網を近代化・拡大し、よりクリーンでカーボンフリーなエネルギーを顧客や地域社会に供給


本ビジョンは、2050年までにガスと電気のシステムから化石燃料をなくすという、最近発表された同社の化石燃料フリー計画に基づくものだ。

National Gridは現在、ロングアイランドで、NextEra Energy Resourcesと共同で最新の太陽光発電と蓄電池のプロジェクトを運営している。また、同社はRWE RenewablesとのジョイントベンチャーであるCommunity Offshore Windを通じて、3GWの発電容量を持つニューヨーク湾の洋上風力発電インフラの開発も行っている。

同社は全米で大規模な送電事業に取り組んでおり、ニューヨーク・トランスコの一部所有者として、同州の送電網の回復力向上に尽力している。現在、ニューヨークでは2つの送電網近代化プロジェクトが建設中で、2023年後半に完成する予定だ。

【参照ページ】
(原文)National Grid Unveils Northeast Clean Energy Vision During Climate Week NYC
(日本語訳)ナショナルグリッド、ニューヨーク気候週間に北東部のクリーンエネルギービジョンを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る