CDP、気候変動緩和のG7国別ランキングを発表

9月6日、国際的な環境情報開示推進NGOのCDPは、オリバー・ワンマンと共同で、G7の大企業約4,000社の気候変動緩和状況を調査した結果を発表した。

パリ協定では気温上昇を1.5℃に抑えるという目標が定められている。同レポート内では、ドイツとイタリアの企業がG7の中で最も野心的な排出目標を掲げており、排出量の合計は地球温暖化を2.2℃に抑えるために必要な脱炭素化のペースと一致する見込みである。

以上二か国に続いて、フランス(2.3℃)、イギリス(2.6℃)、日本/アメリカ(2.8℃)であった。そして、もっとも1.5℃からの乖離が大きかったのが、カナダの3.1℃である。

G7以外の国々も考慮すると、すべてのセクターにおいて、欧州企業が北米やアジアの同業他社に対して、一貫して、削減レベルが上回っていることがわかった。例えば、発電セクターにおいては、北米企業が2.1℃、アジア企業が3℃であるのに対して、欧州企業は1.9℃となっている。欧州企業に目標設定は、より進んでおり、全排出量の約80%が有効な2℃目標化それ以上の目標でカバーされている。

【参照ページ】
(原文)Missing the Mark: CDP temperature ratings – 2022 analysis
(日本語版)日本語版PR_CDP_OW_temperature_analysis.pdf

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る