CarlyleとAlphaStruxure、JFK空港の新ターミナルに大規模な屋上太陽光発電設備を提供

CarlyleとAlphaStruxure、JFK空港の新ターミナルに大規模な屋上太陽光発電設備を提供

1月26日、グローバルな民間資本投資会社CarlyleとSchneider ElectricのジョイントベンチャーであるEnergy as a ServiceソリューションプロバイダーのAlphaStruxureは、ジョンFケネディ国際空港の第1ターミナル(NTO)で統合マイクログリッド基盤を設計・建設・運用する契約を締結したことを発表した。

本プロジェクトでは、13,000枚のパネルを使用した太陽光発電設備が計画されており、利用可能なすべての屋上エリアをカバーすることで、ニューヨーク市および米国の空港ターミナルにおける最大の屋上太陽光発電設備となる。

AlphaStruxureによると、マイクログリッドは、持続可能で回復力があり、地元で発電され、コストが予測可能なエネルギーを提供するだけでなく、系統電源から供給されるエネルギーと比較して温室効果ガスを38%直ちに削減することができるとしている。

240万平方フィートの新しいターミナルは、Ferrovial、Carlyle、JLC Infrastructure、Ullicoを含むパートナーのコンソーシアムであるNTOが、ニューヨーク・ニュージャージー港湾局(PANYNJ)と共同で建設中である。本ターミナルは、2026年に操業を開始し、2030年に完全完成する予定だ。

本ターミナルの11.34MWのマイクログリッドは、7.66MWの屋上太陽光発電と3.68MWの燃料電池に加え、4MW時間の蓄電池を備え、電力網から独立して機能し、停電時にも空港の運用を100%維持することができる。

マイクログリッドには Carlyle が出資し、 Schneider Electric が技術、ソフトウェア、サービスを提供する予定である。

【参照ページ】
(原文)AlphaStruxure to Design, Construct, and Operate JFK’s New Terminal One Microgrid, Creating the Largest Rooftop Terminal Solar Array in the U.S.
(日本語参考訳)CarlyleとAlphaStruxure、JFK空港の新ターミナルに大規模な屋上太陽光発電設備を提供

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る