We Mean Business Coalition、ESG報告への取り組み推進を促す書簡を発表

5月18日、持続可能なビジネスと投資に焦点を当てた団体であるWe Mean Business Coalitionは、世界的に一貫した開示システムを構築するために、世界の基準設定者と規制当局に対して、それぞれのサステナビリティ報告イニシアティブの調整と調和を促す新しい書簡を発表した。

本書簡は、企業が投資家やその他のステークホルダーにサステナビリティの状況、進捗、計画を伝えるためのルールや基準を作成するために、複数の組織が同時に取り組むことによって生じる独自の機会を強調するとともに、不整合によるマイナス面の可能性について警告している。

また本書簡では、米国証券取引委員会(SEC)、欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)、IFRSの国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)のサステナビリティ報告の取り組みについて述べている。SECは米国企業に気候変動報告義務を導入する計画、EFRAGはEUの次期企業持続性報告指令(CSRD)に向けた欧州持続性報告基準の策定、ISSBは企業の持続可能性と気候関連開示のための国際基準の導入計画など、これらの組織はそれぞれ来年にかけて新しいESGと気候関連の開示基準や規則の発表に向けて現在取り組んでいる。

We Mean Business Coalitionの書簡では、企業にとって最も費用対効果の高い報告ソリューションを可能にし、グリーンウォッシュのリスクを最小限に抑え、グローバルに持続可能な企業への投資を考えている投資家に最も明確なイメージを提供し、企業の気候関連の報告に対する高度な説明責任を実現するなど、整合化によるいくつかの利点を挙げている。一方で、「基準や法案のドラフト版における用語、定義、概念に関するわずかなズレも、その総合的な影響力を弱めるリスクがある」とも警告している。

【参照ページ】
(原文)Business groups call on EFRAG, GRI, SEC, and ISSB for global consistency in corporate sustainability reporting
(日本語訳)We Mean Business Coalition、ESG報告への取り組み推進を促す書簡を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る