EU理事会と欧州議会、バッテリー指令の改正案で政治的合意

12月9日、欧州議会と理事会は、EU市場に投入されるすべての電池をより持続可能で、循環的で、安全なものにすることを目指し、欧州委員会が提案していたバッテリー指令の改正案について、政治的合意に達した。

この新規則は、2006年以降、既存の電池指令に取って代わるものである。また、発効後は、カーボンフットプリント、リサイクル材料、性能・耐久性に関する持続可能性要件が、2024年以降、段階的に導入される予定である。2025年半ばには、拡大生産者責任に関するより包括的な規制の枠組みが適用され、より高い回収目標が段階的に導入される予定である。

携帯用電池については、2027年に63%、2030年に73%、小型輸送機器用電池については、2028年に51%、2031年に61%が目標値となる予定である。回収された電池はすべてリサイクルされなければならず、特に銅、コバルト、リチウム、ニッケル、鉛などの有価物について高い回収率を達成する必要がある。

【参照ページ】
(原文)Green Deal: EU agrees new law on more sustainable and circular batteries to support EU’s energy transition and competitive industry

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る