Follow This、2023年株主総会でスコープ3目標設定に焦点

12月19日、オランダ環境NGOのFollow Thisは、欧米の大手エネルギー企業4社に対し、この10年間でより積極的に排出量を削減するよう求める株主決議を提出し、気候目標をめぐる大手石油企業への投資家の圧力を復活させることを目指そうとしている。

本株式決議の中で、地球温暖化を抑制するパリ気候協定の目標に「合致」するよう、2030年までにスコープ3排出量を削減する明確な目標を設定するよう各社に求めている。

同グループによると、この株式決議は、1兆3千億米ドル(約170兆円)以上の運用資産を持つ投資家が共同スポンサーになっているという。

コンサルタント会社のWood Mackenzieによると、企業が販売する製品が燃やされたときに発生する炭素であるスコープ3の排出量は、石油・ガスグループからの炭素排出量全体の80~90%を占めているとのことである。

【参照ページ】
(原文)Leading investors join shareholder activist with climate resolutions at Big Oil
(日本語参考訳)大手投資家が株主運動家と共同でビッグオイルに気候変動に関する決議を提出

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る