バーバリー、自然保護・回復を目的とした「生物多様性戦略」を発表

バーバリー、自然保護・回復を目的とした「生物多様性戦略」を発表

ラグジュアリーブランドのバーバリーは、自社の事業が自然に与える影響に対処し、自社のバリューチェーンを超えて自然を保護・回復することを目的とした、新しい生物多様性戦略を発表した。

この新戦略は、バーバリーが今年実施した生物多様性ベースライン評価を受けたもので、最も生態系への影響が大きい地域を特定するものである。本評価では、レザー、カシミア、ウールが生物多様性に最も大きな影響を与えると同時に、当社のカーボンフットプリントに占める割合も高いことがわかった。

バーバリーの生物多様性戦略は、「自然の保護と回復」、「農業コミュニティへの支援の拡大」、「再生可能なサプライチェーンの開発」という3つの主要分野に焦点を当てている。この戦略の下での取り組みには、低炭素な未来のソリューションを加速し、自然をベースにしたプロジェクトに投資するために2020年に立ち上げられた「バーバリー再生基金」を通じた自社のバリューチェーン内外のプロジェクトの支援、原材料を調達する場所での農場レベルの認証やトレーニングの取り組みの強化、放牧や農業システムへの再生的でホリスティックな土地管理手法の適用などが含まれる。

2021年6月、バーバリーは新たな環境サステナビリティ目標を発表し、2040年までに「クライメート・ポジティブ」になることを約束した。これは、同社のネット・ゼロ目標を超え、バリューチェーンのフットプリントを超えて気候にプラスの影響を与えることを目指すものだ。バーバリーは、新たな生物多様性戦略が、クライメート・ポジティブなコミットメントに基づいていると述べている。

【参照ページ】
(原文)BURBERRY BUILDS ON CLIMATE POSITIVE COMMITMENT WITH BIODIVERSITY STRATEGY TO PROTECT, RESTORE AND REGENERATE NATURE
(日本語訳)バーバリー、自然保護・回復を目的とした「生物多様性戦略」を発表


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

[/um_loggedout]

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る