NGOのUrgewald、COP26にて初の「世界の石油・ガスの出口リスト」を発表

11月4日、国連気候サミットにおいて、Urgewaldは、20のNGOパートナーとともに、世界の石油・ガス生産のほぼ95%を占める887の石油・ガス企業を網羅した広範な公開データベース「Global Oil & Gas Exit List」(GOGEL)を発表した。GOGELは、世界の石油・ガス生産量の約95%を占める石油・ガス企業887社を網羅した広範な公開データベースで、最大の石油・ガス拡張会社や最も問題の多い石油・ガス生産を行っている企業を容易に特定できる詳細な情報を提供している。

石油・ガス企業の多くは、その拡張計画を報告する際に透明性に欠けることで知られている。GOGELでは、Rystad Energy社のデータベースを用いて、各社が近い将来に生産開始を控えている新規石油・ガス資産を分析している。

GOGELでは、100km以上の石油・ガスのパイプラインを新規に開発している企業をすべて掲載している。この情報は、Global Energy Monitor社の「Fossil Infrastructure Tracker」から得られたもので、各企業の集計値は、新規パイプラインプロジェクトにおけるそれぞれの所有率を反映したものとなっている。

GOGELは、非在来型の石油・ガス生産のうち、特に問題となっている6つのカテゴリーを対象としている。採掘、油砂、超重質油、炭層メタン、北極圏の石油・ガス、深海掘削(海面から1,500メートル以上の深さ)の6つのカテゴリーを対象としている。GOGELでは、各企業の炭化水素生産量のうち、これらのカテゴリーが占める割合を表示している。

以下は、各カテゴリーの絶対量から見た最大の生産者である。

  1. 採掘:ExxonMobil社、Occidental Petroleum社、EOG Resources社
  2. 油砂 :Canadian Natural社、 Resources社、 Suncor Energy 社、Cenovus Energy社
  3. 超重質油:Pemex社、Ecopetrol社、Chevron社
  4. 炭層メタン:Shell社、ConocoPhillips社、 Origin Energy社
  5. 北極圏の石油・ガス:Gazprom社、Novatek社、Rosneft 社
  6. 深海掘削:Petrobras社、 Shell社、BP社

【参照ページ】
(原文)NGOs Release the First “Global Oil & Gas Exit List” at Glasgow COP
(日本語訳)グラスゴーのCOPでNGOが初の「世界の石油・ガスの出口リスト」を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る