メドトロニック、脱炭素ロードマップを発表。バリューチェーンの2045年排出量ネット・ゼロにコミット

メドトロニック、脱炭素ロードマップを発表。バリューチェーンの2045年排出量ネット・ゼロにコミット

11月8日、医療機器メーカーのメドトロニック社は脱炭素ロードマップを発表した。これは、同社の気候変動への影響を低減するための計画を詳述したもので、2045年までにすべてのスコープでバリューチェーンの排出量をゼロにするという新たな目標も含まれている。

この新たな目標は、昨年発表した事業活動におけるカーボンニュートラルの達成を含む、

当社の既存の気候変動に関する目標をさらに発展させたものであり、ロードマップでは、この目標を達成するための取り組みを詳しく説明している。最大の効果は、主要なエネルギー源である化石燃料をバーチャルグリーン電力購入契約に置き換えることで得られる。また、効率化対策によるエネルギー使用量の削減、ユーティリティーとのパートナーシップによるクリーンエネルギー利用の拡大、再生可能エネルギークレジット(REC)やカーボンオフセットへの投資なども含まれる。

メドトロニック社は、サプライチェーンの排出量に対応するため、SBTi(Science Based Targets initiative)基準に沿った排出量目標の策定にサプライヤーを巻き込み、環境パフォーマンスや気候変動への影響を考慮したサプライヤー選定に影響を与える環境優先購買基準を策定するなどの取り組みを計画している。

またロードマップには製品ネットワーク設計の内部改善、梱包重量の削減、注文の集約、出荷密度の向上、気候パフォーマンスと進捗状況を毎年報告する輸送業者との提携など、物流ベースでの取り組み概要も記載されている。

【参照ページ】
(原文)Medtronic announces 2045 net zero emissions ambition to combat climate change
(日本語訳)メドトロニック、脱炭素ロードマップを発表。バリューチェーンの2045年排出量ネット・ゼロにコミット

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る