オーストラリア持続可能金融研究所、タクソノミー・テクニカル・エキスパート・グループの発表

オーストラリア持続可能金融研究所、タクソノミー・テクニカル・エキスパート・グループの発表

8月7日、オーストラリア持続可能金融研究所(ASFI)は、分類法技術専門家グループ(Taxonomy Technical Expert Group:TTEG)を任命し、オーストラリアの持続可能金融分類法の開発段階を開始した。

TTEGには、オーストラリア金融規制当局評議会の気候ワーキンググループの支持を受けた25名のシニアリーダーが任命された。TTEGの共同議長は、元オーストラリア準備銀行副総裁で、オーストラリア金融規制当局審議会の気候ワーキンググループの前議長であるガイ・デベル(Guy Debelle)氏と、オーストラリアのタクソノミーの初期設計の検討と移行方法についてASFIと協力したタクソノミーの技術チームを率いるなど、持続可能な金融タクソノミーの開発、実施、評価に深い専門知識を持つエマ・ハード(Emma Herd)氏が務める。

TTEGは、政府による検討のために、オーストラリアの持続可能な金融タクソノミーの戦略的方向性を示し、それに対する意見を提供し、承認する。TTEGは、持続可能な金融、経済全体の脱炭素化、気候・環境科学と政策、人権、先住民の権利と視点など、分類法の開発に不可欠なスキルと経験を結集している。

オーストラリアの分類法は、何が持続可能な活動として分類されるかについて明確で一貫性のある定義を提供することで、経済、金融ポートフォリオ、企業、経済活動の移行を導く上で重要な役割を果たす。

TTEGは、今後12ヶ月から18ヶ月の間に、優先分野の気候変動緩和タクソノミースクリーニング基準へのインプットと最終承認を行い、関連する技術的作業として、データ要件、移行期の活動を組み込むための方法論、最小限の社会的セーフガード、Do No Significant Harmフレームワークを提供する。

ASFIは事務局として、世界的な基準設定機関であるClimate Bonds Initiativeが率いる分類学および持続可能性の専門家からなる国際コンソーシアムと協力し、TTEGの検討、意見、承認に向けた技術的成果物を準備する。

【参照ページ】
Announcing the Taxonomy Technical Expert Group

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る