TotalEnergiesとNew Hope Energy、先進的なプラスチックリサイクル工場で提携

5月18日、エネルギー大手のTotalEnergiesは、 埋め立てや焼却に回される使用済みプラスチック廃棄物をリサイクル原料に変換する先進的なプラスチックリサイクル工場の新設で、ケミカルリサイクル企業のNew Hope Energyと新たに合意した。

New Hope Energy社が建設する新工場は、2025年に生産を開始し、年間31万トン以上の混合プラスチック廃棄物を処理・変換できる見込みである。

本契約により、TotalEnergies社は、テキサス州にある同社の生産設備向けに、食品用パッケージの高品質ポリマーの製造に使用するリサイクル・ポリマー原料(RPF)10万トンの購入が決定した。

TotalEnergies社によると、本契約は、2030年までに30%の循環型ポリマーを生産するという同社の野心に沿ったものである。

【参照ページ】
(原文)Plastic Recycling: TotalEnergies and New Hope Energy partner on U.S. Advanced Recycling Project
(日本語訳)TotalEnergiesとNew Hope Energy、テキサス州で先進的なプラスチックリサイクル工場で提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る